冬の不動産売買ってどうなの?

Pocket

毎年冬の時期は、不動産売買が売り物件が少ない時期ですが、物件を購入している人にとって、この時期の家探しでは、家の暖かさがわかります。断熱材の有無だけではわかりにくい、部屋の暖かさや結露がつかないかどうかなども、実際に物件を見ることでわかります。
日当たりに関しても、冬の時期、日の高さが低いので、部屋のどこまで届くのか見ることができます。

冬はガーデンも一番見栄えの悪い時で、夏になったら、絶対にガーデンは良く見えるので、冬の時期でもいいと思った物件は、夏になったら、もっとよく見えるので、実は冬の時期家探しには、いい時だといえます。
反対に物件売却の場合には、多くの売主は、家の見栄えが良くなる9月以降にマーケットに出すことを考える方が多い傾向にありますが、ライバルの少ない時期にマーケットに出すことで、買手を見つけやすくなるとも考えられます。家を買いたいと考えている人にとっては、季節関係なく物件を探しているので…。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です