ニュージーランド・クライストチャーチ シンプルリッチ生活 > ニュージーランド不動産の所有権について

ニュージーランド不動産の所有権について

Pocket

ニュージーランドの不動産の所有権に関して、主に下記の4つの種類に分別されます。

 

  • highfieldFreehold
  • Cross lease
  • Unit
  • Lease hold

 

Freehold (フリーホールド)

自由保有不動産。土地の所有権を持っています

 

Cross lease (クロスリース)

1990年代まで、一般に行われた土地分割の一つで、Freeholdに土地を分割するよりも安くまた簡単に分割できます

 

1画の土地に複数の物件が建てられており、土地は複数の所有者による持分保有となっている物件です。クロスリースの物件の登記を見ると、必ず敷地内にどのように建物が建っているか記されています。(Foot plan)

 

現在の建物に、ベッドルームやサンルームを増設する(登記内に記されている建物内容が変更される場合)には、土地を共有している人に許可が必要になるといった制限があるため、Freehold物件よりも価格が安い傾向にあります。

 
クロスリース物件購入の際には、必ず現在の建物の内容が、登記に記されている内容と同じかどうか、確認してください。銀行によっては実際と登記上の内容が違っている場合に、融資をしない銀行もあります。

 

Unit (ユニット)

高層住宅(アパートメント)によく見られるのが、ユニットと呼ばれる所有権である。それぞれの所有者は、自分のユニットのフリーホールドを所有している。ドライブウェイや階段、エレベーターといった共有エリアに関しては、Body Corporate(ボディー・コーポレート)と呼ばれる管理費用が発生し、選ばれた管理人あるいは管理会社が管理することになっている。

 

ボディー・コーポレートには、建物に対しての住宅
保険が含まれており、その他、建物内の施設や管理により、かなり金額が変わってくる。例えば、古い建物をリフォームしたアパートメントは建物の修繕費がかかるし、共有施設にプールやジムなどが設置されている場合には、ボディー・コーポレートは高くなる傾向がある。

 

ユニットの場合、固定資産税とボディー・コーポレートを年間支払う必要があるため、特に投資物件として購入を検討している場合には、事前に金額を確認することをおすすめする。

 

Leasehold (リースホールド)

借地権のある物件で、土地に対して賃貸料を決められた期間支払わなくてはならない